プログラム1歩ずつ前進

駐車場内の自動車事故の対応を見させていただきました。

1 警察への届出

知り合いが、駐車場内で自動車同士の接触事故に巻き込まれました。相手の運転手は、「車の傷は、お互い自分で治そう」と言って名前も名乗らずにいなくなったそうです。

相手がバックしてきて知人の車の側面に当たったので、相手はバンパーの塗料が少し剥がれた程度、知人の車はドアがへこんで塗料が剥がれていました。

知人は、相手の車のナンバーを確認していなかったのですが、悔しくて、諦められなかったので、警察に届けでました。幸いにして、相手が特定でき連絡が取れました。

2 示談交渉

相手は、一方的にまくし立ててくるので示談交渉になった時に一方的に押し切られるかもしれるかもしれないと、知り合いが不安になっていたので、保険会社に相談することにしました。

保険会社が相手方と交渉してくれるということなので事故の状況を説明し、お願いしました。

3 過失割合

保険会社から連絡が入りました。相手方の保険会社の担当者は、駐車場内の事故なので過失割合は5分5分だと言っているそうです。

4 まとめ

警察と保険会社をからめたことで知人も精神的ストレスを大きく感じることもなくスムーズに話が進みました。自分としても事故後の対応を一通り見せてもらい勉強になりました。

後日談

過失割合は、7対3になりました。