GTmetrix が JavaScriptの読み込みのタイミングをずらす よう指摘

2021年12月25日

サイト速度テストツール GTmetrix に JavaScriptの読み込みのタイミングをずらす よう指摘されました。

JavaScriptの読み込みのタイミングをずらす

JavaScriptの読み込みのタイミングをずらす のに WordPressプラグイン Async JavaScript を使います。

JavaScript の読み込みを非同期もしくは遅延化させる。

Async JavaScript のインストール

「プラグイン」「新規追加」をクリック

「プラグイン」「新規追加」をクリック

Async JavaScript 検索し「今すぐインストール」をクリックし有効化する。

Async JavaScript 検索し「今すぐインストール」をクリックし有効化する。

Async JavaScript の設定方法

「設定」「 Async JavaScript 」をクリック

「設定」「 Async JavaScript 」をクリック

「Setting」を選択し Enable Async JavaScript にチェックを入れます。

「Setting」を選択し Enable Async JavaScript にチェックを入れます。

「Async JavaScript Method」「 jQuery」ともに Defer を選択します。

「Async JavaScript Method」「 jQuery」ともに Defer を選択します。

Defer を選択した方が点数がでます。

ひとつの非同期処理が終わるのを待たずに次の処理を評価します。

スクリプトの実行はHTML解析が終わってから行われます。

Autoptimize プラグインと連携

Enable Autoptimize Support to allow you to override AO’s default “defer” flag (see below) にチェックを入れ、 Autoptimize Javascript Method で Defer を選択します。

「Save Settings」ボタンをクリックして、設定を保存します。

Enable Autoptimize Support to allow you to override AO's default "defer" flag (see below) にチェックを入れ、 Autoptimize Javascript Method で Defer を選択します。

Autoptimize プラグインで最適化した JavaScriptコードを遅延して読み込むことが出来るようになりました。

手軽にホームページ検索順位を自分であげる【集客職人 RankingCoach】

GTmetrix で Grade A が出るまでにやったこと

GTmetrix で Grade A が出るまでにやったこと

GTmetrix で Grade A が出るまでにやったこと

GTmetrix で Grade A が出ました。 PageSpeed Insi…
jikuu.site