独学で大学数学入門(高校数学の復習)

READ MORE

平面上の2点間の距離

線分((4-√2)/14, (-4+√2)/14)と線分(1/4-(4-√2)/14, -1/4-(-4+√2)/14)の比線分\(\left(\frac{4-\sqrt{2}}{14},\ \frac{-4+\sqrt{2}}{14}\right)と線分\left(\frac{1}{4}-\frac{4-\sqrt{2}}{14},\ -\frac{1}{4}-\frac{-4+\sqrt{2}}{14}\right)\)の比 線分((4+√2)/14, (-4-√2)/14)と線分((4+√2)/14-1/4, (-4-√2)/14+1/4)の比線分\(\left(\frac{4+\sqrt{2}}{14},\ \frac{-4-\sqrt{2}}{14}\right)と線分\left(\frac{4+\sqrt{2}}{14}-\frac{1}{4},\ \frac{-4-\sqrt{2}}{14}+\frac{1}{4}\right)\)の比

独学で大学数学入門(高校数学の復習)

READ MORE

独学で大学数学入門(高校数学の復習)

独学で大学の数学を勉強したいと思ったことありませんか?実は、僕も大学の数学を独学で学びたいと思い勉強を始めました。結果、放送大学の数学のテキストをほぼ読み終えました。

READ MORE

円(x-(2/7))^2+(y+(2/7))^2=(1/7)^2と直線y=-xの交点の座標

円\(\left(x-\frac{2}{7}\right)^2+\left(y+\frac{2}{7}\right)^2=\left(\frac{1}{7}\right)^2と直線y=-x\)の交点の座標を解くのに必要な道具2次方程式の解の公式2次方程式\(ax^2+bx+c=0, (a\neq0)\)の解は$$x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}$$

(1/2)log((1-cosx)/(1+cosx))からlog tan(x/2)を導く

READ MORE

(1/2)log((1-cosx)/(1+cosx))からlog tan(x/2)を導く

\(\int\frac{1}{sin\ x}=\frac{1}{2}log\left(\frac{1-cos\ x}{1+cas\ x}\right),\ \int\frac{1}{sin\ x}=log\left(tan\frac{x}{2}\right)なので\frac{1}{2}log\left(\frac{1-cos\ x}{1+cas\ x}\right)からlog\left(tan\frac{x}{2}\right)\)を直接導いてみました。※数式がスマホで画面からはみ出る場合、横スクロールするかピンチインしてください。

(1-tan^2(x/2))/(1+tan^2(x/2))の解き方

READ MORE

(1-tan^2(x/2))/(1+tan^2(x/2))の解き方

\(\frac{1-tan^2\frac{x}{2}}{1+tan^2\frac{x}{2}}\)を解くのに必要な道具\(\frac{1-tan^2\frac{x}{2}}{1+tan^2\frac{x}{2}}\)を解くのに必要な道具cosの倍角の公式
tanの倍角の公式