プログラム1歩ずつ前進

参照型は、アドレスを参照していたんですね。

参照とは、メモリ内のアドレスを参照しているということを理解してからは、参照型の理解が進みました。

参照型

配列型もString型もクラス型もメモリ内のアドレスを参照している参照型だったんですね。

クラス型にはインスタンスのアドレス情報が入っている、配列型には最初の要素のアドレスが入っている。

頭の中が整理されました。