プログラム1歩ずつ前進

「本体背面ファンが正しく動作していません」と表示される。

本体背面ファンが正しく動作していません」と表示されてから取った対策をまとめました。

「本体背面ファンが正しく動作していません」 対策3段階

  1. 「ファンの吹き出し口」に掃除機を当ててほこりを吸い取る。
  2. ふたを開けファンにシリコンスプレーを吹き付ける
  3. ブルーレイレコーダーの背面ファンを交換

「ファンの吹き出し口」に掃除機を当ててほこりを吸い取る。

蓋を開ける勇気もないので「ファンの吹き出し口」に掃除機を当ててほこりを吸い取ることにしました。

これで壊れたら仕方ないと思い、故障覚悟で掃除機で吸ってみました。

1週間後

1週間ぐらい経ちますが正常に動いています。

電源を切ってから短期間で動作音がしなくなりました。

ふたを開けファンにシリコンスプレーを吹き付ける。

ファンが動かなくなったブルーレイレコーダーは、だめもとで、ふたを開けファンにシリコンスプレーを吹き付けてみました。

本体背面ファンが正しく動作していません」と表示されなくなりました。

ブルーレイレコーダーの背面ファンを交換

ファンにシリコンスプレーを吹き付けてみましたが3週間くらいで動かなくなったので、ブルーレイレコーダーの背面ファンを交換することにしました。

NMB DCファン

ファンには「Nidec U50R12NS2Z7-53J55 12VDC 0.06A」と書かれていて、サイズ「50x50x15」 リード線3本でした。 

サイズ、リード線3本、ポン付け(加工無しで取り付けられる)からAmazonで以下のものを購入しました。

レビューを見るとロックセンサー(ファンモーターが回転しているか停止しているかを検出するため信号を出力)のコネクタ配線の入れ替えが必要になる場合もあるみたいでした。 

配線の色は違っていたけれど、とりあえず付けてみたところ正常に動作しました。

AQUOSブルーレイレコーダーの「本体背面ファンが正しく動作していません」からようやく解放されました。