ジグリング(貧乏ゆする)で膝痛は直るか!

ジグリング(貧乏ゆすり)とは股関節と膝関節を自分で小刻みに動かす方法で、最近では変形性膝関節症も効果があるという報告もあります。

痛みの原因

中高年になると膝の痛みを感じる人が増えます。そのほとんどが、変形性膝関節症といわれる病気です。

原因は関節軟骨の老化によることが多く、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、つかい過ぎによりすり減り、関節が変形します。

原因は関節軟骨の老化によることが多く、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、つかい過ぎによりすり減り、関節が変形します。

ジグリング(貧乏ゆすり)

ジグリング(貧乏ゆすり)とは股関節と膝関節を自分で小刻みに動かす方法で、最近では変形性膝関節症も効果があるという報告もあります。

ジグリング(貧乏ゆすり)が変形性股関節症に効果があるということは知っていました。

変形性膝関節症も効果があるということは「医療法人秋桜会新中間病院整形外科部長 上戸康平先生のHP」で知りました。

ジグリング外来を新規開設!「足ゆらマシンをひざ関節症の 患者さんに使ってもらったら、痛みがらくになったとたいへん喜ばれていました」

365 collegeより引用

ジグリング(貧乏ゆすり)のやり方

やり方は椅子に浅めに腰掛け、股関節と膝関節を直角もしくはそれ以内に曲げ、踵を浮かせて上下させます。

やり方は椅子に浅めに腰掛け、股関節と膝関節を直角もしくはそれ以内に曲げ、踵を浮かせて上下させます。

時間は、1日合計で2時間以上、細切れでも構いません。

僕は、自分でできますが母は「ジグリングマシン」を使っています。

ジグリングマシン

ジグリング(貧乏ゆすり)の効果

変形性股関節症には効果があります。

変形性膝関節症については、ジグリング(貧乏ゆすり)は今も続けていますが、効果があったかどうか実感がありません。

膝が痛いときにやった対処法